今回はインスタでフォロワー数を20倍にした埼玉県A社の事例を紹介いたします。A社は創業20年未満の新興企業です。埼玉県下で注文住宅を展開しブランディングを強化することで、地域に多くのファンを持つ企業になります。

 

 

では本日の目次をお示しいたします。

 

 

本日のまとめ

 

まず、本日のまとめは以下になります。

checkboxA社では集客が著しく減少しており、新たな集客体制を模索していた

checkboxInstagramを活用してコストを掛けずに来場数を増やすことを目指した

checkboxInstagram運用において3つのポイントを踏まえて投稿活動を行った

checkbox結果、短期間でコストをかけずに集客数を増加させることに成功した

 

大枠を押さえた上で一緒に見て参りましょう。

 

当初の課題

 

下図はA社が抱えていた課題と目標、ギャップを埋める為の対策を記した図になります。順に説明致します。地域ブランディングが成功し、多くのファンを抱えていたA社ですが、一方で集客が著しく減少しており、新たな集客体制を模索していました。

 

 

また、年々集客コストが高まっており、「費用をかけずに集客を増やす施策」を模索していました。ご存知の通り、Instagramの法人アカウントは費用をかけずにファンを増加させることが可能です。そのような背景からA社はInstagramでフォロワーを増やし、集客数を増やすことを戦略として意思決定いたしました。

 

結論から言うとA社はInstagramのフォロワー数を1年で20倍にし、フォロワーからの来場を一気に増加させることで費用をかけずに集客増を実現いたしました。ではどのようにして、フォロワーを増やしたのかをここから説明いたします。

 

なお、本記事ではどのように成果を出したのか、に沿ってご説明いたしますのでInstagramの具体的な集客ノウハウについて詳しい考え方については以下の記事も併せてご覧ください。

 

 

A社の取り組み

 

Instagramのフォロワー数を増やす施策を理解する上でInstagramの収益モデルを把握することが重要になります。まず下の図を御覧ください。Instagramの収益構造は9割が広告収入です。ですからユーザーがInstagramを活用しなければ、収益が成り立ちません。必然的にInstagramでは「ユーザーが気に入ってくれる投稿」をフィードに表示させることに全精力をかけています。

 

 

Instagramでは下図のように、自身の投稿だけではなく、友人の投稿を含め「ユーザーが興味を持ちそうな投稿」が表示されます。この投稿自体がユーザーの興味にそぐわない内容であれば、ユーザーが離れてしまいますのでInstagramはどの投稿を表示させるかを最も重要視しています。

 

 

実際にInstagramの理念が「大好き大切な人や大好きなこととあなたを近づける」ことからもこの考え方が重要であることがお分かりでしょう。ですからまず「Instagramはユーザーに価値がある投稿を紹介したい」ということをまず押さえましょう。

 

 

ではどのようにすれば、自社の投稿がユーザーに投稿されるのでしょうか。結論から言えば、大きく三つあります。下の図にあるように、「いいね数」「コメント数」「写真の保存数」が多い投稿がユーザーに紹介される傾向にあります。Instagramは写真投稿をメインとしたSNSになりますので、「写真の保存数」が重要であることはお分かり頂けるでしょう。

 

 

 

そしてこの3つの指標は「エンゲージ」という指標で表現されます。投稿に「いいね」や「コメント」が付けばその分多くのユーザーに投稿が紹介されるという考え方ですね。ちなみにこのエンゲージですが、下図のようにフォロワー数によって目指すべき水準が変わってきます。

 

下図はフォロワー数とエンゲージメント率の関連性を示した図になります。例えばフォロワー数が100人であれば、目指すべきエンゲージメント率は20%となります。このエンゲージメント率はフォロワーが多ければ多いほど低くなり、例えばフォロワー数が800人であれば目指すべきエンゲージメント率は6.9%となります。自社アカウントのフォロワー数に応じて適切なエンゲージ率を目標設定いたしましょう。

 

 

コンセプトを決める

ではこのエンゲージ率をどう上げるかについて見てまいります。一つ目はアカウントのコンセプトを決めることになります。コンセプトには「キュレーション型」「ギャラリー型」「コミュニケーション型」の3つが存在します。順に説明してまいります。

 

キュレーション型とは「住宅購入に関するお役立ち情報を掲載するパターン」です。youtubeコンテンツなどでもよく見られますが、ユーザーの役に立つ情報を多数掲載するパターンです。「住宅購入で注意すべき3つのポイント」などをInstagramらしく画像で情報提供します。情報の質が高ければ「いいね!」や「コメント」が増え、エンゲージ率を上げることが出来ます。

 

 

二つ目がギャラリー型で「施工写真などを掲載するパターン」です。質の良い施工写真を多数掲載することでエンゲージ率を上げることが出来ます。単に写真を掲載するだけでなく、「どのような素材を使っているか」などをテキストで表記することで品質を高めているケースもあります。

 

 

三つ目がコミュニケーション型で「ユーザーとのコミュニケーションをメインに展開するパターン」です。主にローコスト系の住宅会社が展開するパターンですが、下図のようにストーリーでユーザーとコミュニケーションを取ったり、インスタライブを定期的に配信したりとユーザーとの交流を意識的に行うパターンです。Instagramではこのようにコンセプトを決めてどのパターンで展開するかを決めることがまず重要になります。

 

 

写真の魅せ方を工夫する

続いては「写真の魅せ方を工夫する」ことが重要です。Instagramは”デジタル写真集””のような位置づけになりますので、「写真の魅せ方」が重要になります。ですから下図のように統一感を持ちながら施工事例などを掲載することが重要です。A社ではブログ感覚で様々なイベント情報等を掲載していましたが、統一感のある内容だけを掲載し、エンゲージメント率を高めることに成功しました。

ここからは会員限定(無料)となります。
ログインもしくは会員登録の上ご覧ください。

会員の方ログインID(メールアドレス)
   

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

フォローすると最新情報がTwitterで確認できます